アンドロイドは山仕事の夢を見るか

長崎県佐世保市の巨大テーマパーク・ハウステンボスが今月オープンした「変なホテル」は、アンドロイド(ロボット)や再生エネルギーを用いてホテルの運営コストを下げ、低料金を実現するという実験的な宿泊施設だ。通称、「スマートホテル」とよばれる。

そこでは、それぞれの役割に最適化されたロボットたちがサービスの現場に立つ。チェックインはフロントデスクの女性アンドロイドの音声案内にしたがい、荷物は自立走行するロボットが部屋まで届けてくれる。徹底したシングルタスクによる、究極の効率と生産性の実現である。 Continue reading “アンドロイドは山仕事の夢を見るか”