キノコについて語るときに我々の語ること

前衛的な作品を世に問い続けたアメリカの作曲家ジョン・ケージは、1952年に彼が発表した「4分33秒」の沈黙によって、世界中の音楽家を困惑させた。全楽章にわたって記される「休止」が、曲の演奏時間である4分33秒ものあいだ、楽器とともに何もせずにいよ、と演奏者に伝えている。いったいどういうつもりなのか。 つづきを読む “キノコについて語るときに我々の語ること”