カタクリの美しさのわけ

カタクリは、種子から最初に花を咲かせるまでに7年~9年かかる。同時期に生まれた人間のこどもがいたとしたら、立派に小学生になるだけの年数である。

一輪の花を咲かせるのにそれだけの年数が必要だと思うと気が遠くなる。ましてやこの豪雪地帯の過酷な冬を何度となく耐え抜いたうえで咲くのだから、カタクリとはまさに「忍耐の花」ではないか。 つづきを読む “カタクリの美しさのわけ”